はい



数日ほっといたけど変わらずにずっとおかしい変だと気付いた親とわたしとで脱衣所で40ぷんくらいおはなしをしたが結論言われたのは「自分で変えてくしかないから自分で何か考えてやってみな」そんなのわかってるんだよそんなこともわからないほど死んだように生きてるわけじゃなくてわたしはわたしがわからないけどそれでもちゃんと考えて考えすぎなくらい考え抜いている毎日、ただ言ってること完全否定はしない理解できない知らない泣きたくなる泣いたちっともわからないけど
主張はあっても声が出ない上手く話せないから何度も聞き返されて同じことを言われてそのおかげでひさしぶりに大きな声を出せた、感情が声となって出てくれた気持ちよかったがそんなの一瞬でなくなる核兵器のようなものでしかなくて一瞬、破壊力だけはあるけど後味ひたすら悪いくそだわたしはクソだ親の持論も相変わらずだ、でも
わたしの未来だわたしで変えてやるいまはまだだめだ何もかもわからない準備期間これからだまずはなにから、ただ目の前のことを黙々とでしかないんだみてろよ
こんなこと言ってる間にも時間は経ってしまうからまた苛立つ



0:52