うん

わたしはこのまま嫌なことから目を背けて逃げ続けて生きていくのかな
これじゃだめだって思うし頑張ろうって思うけど無理なものは無理じゃん別に強制されてるわけでもないから辞めたっていいし逃げたっていいんだよねでもそれを毎日乗り越えてがんばってる人たちの生活がキラキラしているわけでわたしはずっとずっと霧の中を彷徨ってる感じ
それに加えて最近は脚がとてつもなく重い
誰かに何かに手を差し伸べられて視界が開けても結局自分1人で勝手に迷子になってまた前が見えなくなっていつもそれを繰り返してしまう
そんなことしてなんの意味があんの
他人に善悪つけられるために生きてるわけじゃないけどいまは確実に悪だし悪は消さないといけない社会だからわたしはきっと消される殺される
こわい
どうにかしようどうにかしようって思ってもどうしたらいいかわからなくて私は私になれないままただ毎日息をしてる
音楽に救われるけど聞こえないくらい遠くで迷ってしまったらもうおわりだよ